スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民弱腰 漂う悲観論 与党追及不発、存在感示せず(産経新聞)

 自民党は16日に閉会した通常国会で、民主党の一方的な国会運営に振り回され、最後まで与党を追いつめるほどの存在感を発揮できなかった。野党の「最大の武器」である内閣不信任決議案も最終日になってようやく提出するありさま。菅内閣の発足により、各種世論調査での民主党との支持率の差は開いており、参院選を目前にして党内には悲観論も出ている。このまま参院選に臨めば、自民党は厳しい評価を受けかねない。(今堀守通)

 ◆政権倒した?

 「国会対策が万全というのはなかなか望めない。鳩山由紀夫政権を追いつめたので、それなりに役割は果たしたのではないか」

 自民党の谷垣禎一総裁は16日午後、党本部で記者団に対し、「鳩山政権を倒したこと」が自民党としての最大の見せ場だったと強調してみせた。

 しかし菅政権への交代は、民主党内の事情による「コップの中の嵐」(中曽根康弘元首相)にすぎない。自民党は社民党の政権離脱に際し、鳩山内閣不信任決議案や鳩山首相問責決議案の提出を検討したが、退陣のタイミングを「1日半くらい」(谷垣氏)読み誤り、両決議案は提出しないままとなった。

 ◆足元ぐらぐら

 自民党執行部は、鳩山政権下で参院選に突入すれば、鳩山氏と小沢一郎前幹事長の「政治とカネ」の問題に対する国民の不満を追い風に党勢を回復できると期待していたようだ。菅政権の誕生で、「他人任せ」は通用しなくなった。

 2月の衆院予算委員会で鳩山氏を「平成の脱税王」と攻撃した与謝野馨元財務相は「戦う野党」の姿勢がないと執行部刷新を要求した。しかし、谷垣氏は予算委での欠席戦術に失敗しながらも交代を拒否。その結果、4月には与謝野氏を含む離党者が相次いだ。

 ◆「しっかりせよ」

 その後も「党の国対はしっかりしてほしい。情報が不足しているのではないか」(伊吹文明元幹事長)と不満や注文は絶えなかったが、事態打開を図ることはできなかった。

 結局、小沢氏の国会招致も実現できず、菅直人首相を予算委員会で追及することもできずに国会は閉会した。

 今後は討論番組や共同記者会見などが対決の場になるが、ここでも、民主党執行部が自民党よりも若いというイメージ上の問題などから、「あと1カ月のうちに自民党が反転攻勢を仕掛けるのはなかなか難しい」(山本一太参院議員)との見方が早くも出ている。

はやぶさ 回収カプセル、18日日本へ 未開封でCT撮影(毎日新聞)
新政権を席巻「松下政経塾」OB 野田、玄葉、前原、原口…(J-CASTニュース)
米大使が沖縄訪問=知事との会談調整(時事通信)
元交際女性に「火付けたろか」医師が脅迫メール(読売新聞)
歯医者でのどに脱脂綿つまらせ2歳児死亡 埼玉・新座(産経新聞)
スポンサーサイト

8日に組閣 蓮舫氏入閣へ 仙谷官房長官、野田財務相 (産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の退陣を受けて、民主党は4日、両院議員総会で、菅直人副総理・財務相(63)を新代表に選出、菅氏はこの後の衆参両院本会議で、第94代、61人目の首相に指名された。菅氏は党役員・閣僚人事に着手、官房長官に仙谷由人国家戦略担当相、財務相に野田佳彦財務副大臣を内定した。幹事長は枝野幸男行政刷新担当相の起用を検討しているが、党内に異論があり調整している。

 赤松広隆農水相は4日、口蹄(こうてい)疫の拡大を防げなかったことを理由に菅氏に辞意を伝えた。後任に筒井信隆衆院農水委員長が挙がっている。国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は留任が決まった。

 このほか事業仕分けで注目された蓮舫参院議員の入閣が固まり、消費者・少子化担当相で調整。菅氏側近の荒井聡首相補佐官の入閣も浮上、国家戦略担当相に充てる案が出ている。

 輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長ら参院執行部の顔ぶれは変わらない。

 菅氏は4日午後、国会内で自民党の谷垣禎一(さだかず)総裁と会い、組閣が8日になることを伝えた。天皇陛下による首相任命式も同日となり、それまでは、4日に総辞職した鳩山内閣が職務を執行する。

 菅氏は同日夕の党本部での代表就任会見で「これから本格的な改革の段階に入る」と、政権運営への意気込みを示した。人事については「全くの白紙だ。頭を冷やして整理し、多少の時間を得て新しい体制づくりに入りたい」と述べ、週末に構想を練る考えを示した。「報復(人事)は考えていない」とも述べたが、小沢一郎幹事長を主要ポストに起用しない方針だ。

 菅氏は、鳩山政権が廃止した「党政策調査会」の復活を表明して小沢氏の路線を否定。会見で「政調会長が内閣の役職を兼ねることを検討してもいい」と述べた。官房長官となる仙谷氏や国家戦略担当相との兼務が念頭にあるとみられる。

 代表選は、菅氏と樽床(たるとこ)伸二衆院環境委員長の一騎打ちとなった。小沢グループ以外の各グループは菅氏を支援。前原誠司国交相、岡田克也外相らは小沢氏の影響力排除を支持の条件にした。小沢グループは自主投票。樽床氏へは小沢氏に近い中堅若手の一部が支援した。代表選の得票は菅氏291票、樽床氏129票だった。

 首相指名に先立ち菅氏は亀井氏と会談、民主、国民新両党の連立継続で合意。菅氏は会見で、社民党との関係改善に努める考えを示した。

 ■官房長官 仙谷由人氏

 小沢一郎幹事長と距離を置き、「政治とカネ」問題では批判的な発言を続けた。親分肌であり、「反小沢」とされる前原誠司国交相や枝野幸男行政刷新担当相らとに慕われる。

 弁護士出身で労組関連の裁判を通して政治に目覚めた。平成2年、旧衆院徳島全県区から社会党公認で初当選。8年に鳩山由紀夫首相らと旧民主党を結成した。党政調会長などを歴任。

 鳩山内閣では行政刷新担当相や国家戦略担当相を務め、「事業仕分け」第1弾をリードした。14年には胃がんを克服。衆院当選6回。64歳。

 ■財務相 野田佳彦氏

 前原誠司国交相らとともに「民主党七奉行」の一人で、党内では小沢一郎幹事長と一線を画す有力メンバー。平成14年の党代表選では、若手のリーダー格として、鳩山由紀夫首相や菅直人新首相らと争ったが、敗北した。

 20年の党代表選では、小沢氏の3選を阻止するために出馬を模索。しかし、グループ内がまとまらず断念した。鳩山内閣では閣僚の有力候補と目されたが、財務副大臣となった。

 5年、衆院旧千葉1区で日本新党から初当選。12年に民主党から出馬し、党国対委員長などを歴任。衆院当選5回。53歳。

【関連記事】
組閣先送りで職務執行内閣 4日間は平成で最長
自民に強い危機感 古い体質払拭できず、迫られる戦略見直し
日本は変わる? 変わらない? 新首相に菅氏
新首相の「脱小沢」に警戒 自民
「民主党役員人事7日、組閣は8日」 菅新代表が山岡国対委員長に指示

家畜の共同埋却を開始=口蹄疫、処分迅速化―宮崎(時事通信)
「オウム関与」公表適切=長官銃撃のアレフ苦情に―都公安委(時事通信)
<首相指名選挙>菅氏、衆院313票 参院123票(毎日新聞)
「中川政七商店」老舗の快進撃から目が離せない(Business Media 誠)
<連続ピース缶爆弾>製造名乗り出た牧田吉明氏死亡 病死か(毎日新聞)

<口蹄疫>ワクチン接種99.5%終了(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、農林水産省と県は26日夜、移動制限区域内(発生地から半径10キロ以内)のすべての牛と豚を対象にしたワクチン接種が99.5%終了したと発表した。県は、同意が得られなかった2市2町の21農家に対し27日以降、引き続き同意を求める。

 県によると、接種対象は約12万5200頭で、26日までに12万4698頭に接種した。接種は感染拡大の防止が目的で、接種後は殺処分することが前提。

 また、26日までに川南町など3町の9農家で新たに感染疑いのある牛や豚が確認された。210~218例目で、川南町と高鍋町の4農家で発症した10頭は22~24日にワクチンを接種していた。これら9農家と関連農場で飼育されている牛や豚など計4463頭が殺処分される。【蒔田備憲、小原擁】

【関連ニュース】
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
口蹄疫:特措法成立へ 処分費用は国負担…民自公合意
口蹄疫:九州地方知事会が対策の強化・充実を要望
口蹄疫:農水省が種牛候補を提供の用意 宮崎県の要請で
口蹄疫:家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り

韓国哨戒艦沈没 官房長官「極めて遺憾」 北朝鮮関与で(毎日新聞)
<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)
医療少年院で暴行=法務教官を戒告処分―三重(時事通信)
EPA介護福祉士候補者向け「日本語学習用Web辞書」公開(医療介護CBニュース)
新入社員に聞く、将来どんな地位に就きたいですか?(Business Media 誠)

交際女性の同意得ず、薬品で流産…医師逮捕(読売新聞)

 交際していた女性にビタミン剤と称して子宮収縮剤を点滴し、同意を得ずに流産させたとして、警視庁は18日、金沢大付属病院の医師小林達之助容疑者(36)を不同意堕胎容疑で逮捕し、金沢市内の自宅などを捜索した。

 同容疑の適用は極めて異例だが、同庁は医師の立場を利用し、子宮収縮剤を悪用した疑いが強いとみて、強制捜査が必要と判断した。

 発表によると、小林容疑者は東京慈恵会医科大付属病院(東京都港区)に勤務していた2009年1月、当時交際していた30歳代の女性に「ビタミン剤」と偽り、東京都内の女性宅で2回にわたり、子宮収縮剤を点滴するなどした疑い。女性は当時、妊娠初期で、点滴を受けた当日に流産した。

 小林容疑者は調べに対し、「知りません」と容疑を否認しているという。

 子宮収縮剤は陣痛を促すためなどに使われる薬で、医療関係者によると、妊娠初期に投与すると、堕胎を誘発する作用もあるという。

 同庁は女性から被害相談を受けて捜査を開始。女性宅には子宮収縮剤の点滴パックが残されており、同庁は小林容疑者が女性宅で、この点滴パックを使ったとみて調べている。

 金沢市の小林容疑者の自宅マンションには18日午前11時過ぎ、段ボールを持った捜査員数人が捜索に入った。

看護職員7割が慢性疲労 日本医労連調査(産経新聞)
「浜教組への警告文書は適切」文科相が支持 教科書不使用指示で(産経新聞)
<口蹄疫>消毒薬製造 製薬会社は対応に追われる(毎日新聞)
「“安上がり介護”に利用しないで!」NPO関係者らが怒りの声(医療介護CBニュース)
エア・ドゥ機 主翼の部品脱落(産経新聞)

<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)

 4月9日に亡くなった井上ひさしさんの書き下ろし作品で、女優の渡辺美佐子さん(77)が28年間演じ続けてきた一人芝居「化粧 二幕」が9日、東京都杉並区の「座・高円寺」で千秋楽を迎えた。

 作品は82年7月に「化粧」として初演。すぐに井上さんが2幕目を書き足した。息子を捨てた大衆演劇の女座長の哀歓が楽屋を舞台に描かれ、今回を含め国内外で648回上演された。渡辺さんは「にぎやかな舞台を務められるうちに幕を下ろしたい」と今回を最終公演にした。

 終演後、カーテンコールで渡辺さんは井上さんに触れ「全力で突っ走って日本の芝居、小説のために元気と勇気を与えてくださった」と感謝の言葉を述べた。【濱田元子】

【関連ニュース】
井上ひさしさん死去:魂伝えた「遅筆堂」 平和へ行動
井上ひさしさん死去:父の芝居、継続して上演…三女が会見
井上ひさしさん:9日に死去、75歳…小説家・劇作家
余録:井上ひさしさん
サンデーらいぶらりぃ:張 競・評「あくる朝の蝉」井上ひさし・著(『四十一番の少年』所収)

諏訪大社御柱祭で柱から落下、4人が死傷(読売新聞)
カルテル疑惑でウソ申告、課徴金減免見送りへ(読売新聞)
カニかご150個盗んだ疑い、船長ら逮捕(読売新聞)
徳之島案表明に3町長「民意は変わらず」(読売新聞)
<もんじゅ>冷却系配管で高温警報(毎日新聞)
プロフィール

ほしかわとしかつ

Author:ほしかわとしかつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。